top of page
検索
  • 執筆者の写真OM

農業と福祉の相性を考える

農業と福祉。これら二つのキーワードは、一見すると遠い存在のように思えます。

しかし、よく考えてみれば、農業は私たちの生活の基盤であり、福祉は私たちの心

と体の安寧を保つための支えとなります。実は、この二つの分野は密接に関連して

いるのです。



自然との関わりを持つことは、私たちの精神的な健康に大いに寄与します。都市部

での生活が多くの人々にストレスをもたらしている中、農業は自然の中での作業を

通して、心の安定を与えてくれます。植物が芽を出し、成長し、収穫される過程は、

自然のリズムと共に生きる喜びを再認識させてくれるでしょう。

障がいを持っていても、できる部分で活躍する。ひだっこのアスパラ栽培には機械

を使用することはほとんどなく、難しい作業というのはほとんどありません。なの

で、初心者でも安心して作業を行えます。



また、農業活動は体を動かす機会を増やします。特に高齢者にとって、適度な運動

は健康の維持に不可欠。畑での作業や収穫活動は、リハビリテーションの一環とし

ても取り入れられていることから、福祉の現場でも農業の有用性が認識されています。



さらに、農業を通じて地域の人々との絆が深まります。共同での作業や直販など、

農業には人々を結びつける力があります。このようなコミュニティの形成は、特に

社会的に孤立している人々の心のサポートとなり得ます。

「美味しかった、ありがとう。」と言われるとやってよかったと感じます。



そして、何より、農業は達成感をもたらします。苗を育て、みんなで準備をし、

芽を収穫するという一連の流れは、生きることの喜びや誇りを感じさせてくれます。



農業に興味がなかった人や、障がいを理由に作業を制限していた人、また、コミュ

ニケーションが苦手だった人も少しずつ成長し、自ら考え、自ら接することができ

るようになったなど、変化を感じられると思います。

農業は毎年同じ作業になりますが、同じ作業だからこそできる人もいます。

高度な計算や知識がなかったとしても、できる作業があります。



まとめると、農業とは、食料を生産するだけでなく、心と体の福祉を支える多面的

な役割を持っているのです。この二つの分野の結びつきを深めることで、より豊か

な社会を築く手助けとなるでしょう。


閲覧数:15回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page